« 窓の外 | トップページ | ラグタイムのライブ »

ラグタイムの練習

日頃から、ラグタイムのピアノ曲を練習しています。レパートリーにしたい曲はたくさんありますが、なかなか増えません。弾けるようになった曲も、ちょっと弾かないでいると「没」状態……。

もう半年ほど練習し続けているのが、Joseph F. Lamb (1887~1960)の Bohemia Rag (1919) と The Top Liner Rag (1916)。「ボヘミア」は冒頭の郷愁をそそるようなメロディーがなんともいえずに好きですが、テンポがどうしても速くなってしまいます。ゆったりめで、そしてノリがよく、というのがつかめないでいます。「トップ・ライナー」は華やかで、かつ難しい曲。技術的問題ありです。オクターブが多くて、ピアノの音色を美しく響かせたい部分も多いのに、右手がついていきません。最後になると筋肉疲労でへたってくるし。

ラグばかり弾いてないで、もっと基礎練習しないといけないんだろうな……。

|

« 窓の外 | トップページ | ラグタイムのライブ »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/5051059

この記事へのトラックバック一覧です: ラグタイムの練習:

« 窓の外 | トップページ | ラグタイムのライブ »