« ボレロ | トップページ | ヒグラシのデクレッシェンド »

Bill Edwards 氏のサイトについて

英語のメールを書くのに2時間かかりました。ふう~。Bill Edwards 氏のウェブサイトの写真を使わせてもらって、そのお礼とかいろいろ。英語を書くのはとっても億劫ですが、でも、なぜかRagtimeのことだと、なんとか書けてしまうので不思議です。

Bill氏はピアニストで、ラグタイムのCDもたくさん出していますが、そのサイトは、いろいろなラグタイムの情報にあふれています。演奏家でありながら歴史的な視点にも満ちていて、とっても楽しめます。すごく参考になるのは、過去に出版されたラグタイム楽譜の解説。表紙写真の横に、曲の解説とともに表紙の絵の由来なども書かれていて、ラグタイム時代のいろいろな社会事象を知ることもできます。ラグタイム時代に活躍したエジソンやマタハリなどの有名人解説コーナー(ノスタルジア)まであって、ユーモアもたっぷりです(ポール・ゴーギャンがピアノに向かう写真など)。

リンクコーナーは、ラグタイムの有用なサイト満載。とても全部は見きれません。なおリンクのトップに出ているのは、ラグタイムピアニストのスー・ケラーさん。最近、ジョセフ・ラムの未発表楽譜を集めた「リトル・ロスト・ラム」という楽譜集をまとめて出版した女性です。この楽譜集を買うときにメールをやりとりをしたら、以前東京に住んでクラブで演奏していたこともあったと言っていました。ラグタイムやストライドを演奏していたのかなあ。今度機会があったら、聞いてみたいと思います。

”Profeessor” Bill Edwards 氏のサイト: http://www.perfessorbill.com/

|

« ボレロ | トップページ | ヒグラシのデクレッシェンド »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

「リトル・ロスト・ラム」僕も購入しました。
スー・ケラーさんにはとても良く対応して頂いて感謝です。
これでもラムの曲にはまだ楽譜出版されていない曲がある?んですね。
アマゾンで「American Beauties: The Rags of Joseph Lamb」というCDを購入しましたが、初めて聴いた曲がたくさんあって驚きました。

投稿: 草野 | 2005/08/14 07時09分

草野さんも注文されたんですね! スーさん、日本からポチポチ注文がくるなあと思ってるかな? スー・ケラーさん自身もラグタイムを弾いたCDをたくさん出していますね。そのうち入手したいと思っています。ラムの楽譜は手に入れるのがむずかしいですね。そうそう、Top Liner Ragは、インターネットでダウンロードできます。
「American Beauties: The Rags of Joseph Lamb」は私も買いました。今改めてチェックしてみたら、第5曲~14曲目までは全て楽譜集 Ragtime Treasures(1964)収録のものでした。第15~20曲は初期のスターク出版時代の作品で、楽譜はすべてClassic Piano Rags にあります。第1~2曲目はlittle lost Lambに入ってますよね。特に冒頭のWalper House Ragはラムが初めて作ったラグ(1903)で、長らく未出版だったそうです。こう見てくると、このCDの選曲はとても意欲的ですね。聞いていると、やはりラムの曲らしい繊細さ・複雑さ・華麗さを感じる曲が多いです。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/08/14 13時56分

上の内容、思い違いがあったので当初のものをちょっと変更しました。
それから書き忘れです。上記CD3曲目の Ragtime Reverie と4曲目のBrown Derby No.2 は、以前どこかで読んだことをメモしたのですが、1988年に発見され、その後出版されたとか(今は出典不明。内容も違うかも)。楽譜はどこで手に入るのかわかりません。素敵な曲です。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/08/14 20時17分

詳しく解説して下さってありがとうございます。
"little lost Lamb"を手に入れたからには、とりあえずAlaskan Ragを練習しています。いい曲ですね。^^
ところで"楽譜集 Ragtime Treasures(1964)"は現在、出版されているのでしょうか?手に入れられるものなら欲しいのですが・・。

投稿: 草野 | 2005/08/15 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/5378618

この記事へのトラックバック一覧です: Bill Edwards 氏のサイトについて:

« ボレロ | トップページ | ヒグラシのデクレッシェンド »