« ボレロ その2 | トップページ | 映画「華麗なるギャツビー」(1974) »

やさしく弾けるラグタイム

クラス会で会った友だちが、ラグタイムのCDを聞いて「弾いてみようかな」と言ってくれました。ピアノはずっと弾いていないとの話。ブランクのある人が始めるのにふさわしいラグタイムは?

そこで思い出したのが、「やさしく弾けるラグ・タイム ピアノ・ソロ・アルバム」(kmp出版)でした。スコット・ジョプリンの曲ばかり20曲、やさしくアレンジしてあります。左手の音域がとばない、ハ長調が多いなどなど……。

でも20曲あると何から手をつけたらよいか迷います。そこでよく知られている曲というと……。まず、The Entertainer映画「スティング」で有名になり、今や着メロにもよく使われています。The Easy Winners,  Pine Apple Rag , Solace, Gladiolus Rag, The Ragtime Danceなども、スティングに出てきます。それから、映画「海の上のピアノスト」でも演奏されたPeacherine Ragは、いかにもラグタイムらしい曲です。またMaple Leaf Ragは、この作曲家の代表作です。

でも、なんせ編曲だから、善し悪しがあるかも(編曲者さん、ゴメンナサイ)。というわけで、ちょっと弾いてみたら、第一のオススメはピーチェリン・ラグです。弾きやすくて、編曲によるマイナス点が少なくて、弾いていて楽しい!(ただし21ページの左手の和音に記載ミスがあります。昔のラグタイムで不協和音というのはあまりないので、音が合わなくて変だと思ったら、楽譜の間違いってことが少なくないです)。イージー・ウィナーズパイナップル・ラグもいいかもしれないです。

ラグタイム入門としては、スティングの映画を見たり、サウンドトラックを聞くのもgoodです。私はスティングの詐欺のからくり、2~3回は観たはずなのに、完全には理解していませんでした。一度ビデオを借りて腰をすえて観てみたら、やっとわかりました。

|

« ボレロ その2 | トップページ | 映画「華麗なるギャツビー」(1974) »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

Thank you!
[url=http://tpibccib.com/uipx/yuec.html]My homepage[/url] | [url=http://ezletcgm.com/uqto/bkar.html]Cool site[/url]

投稿: Ruth | 2007/09/01 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/5682130

この記事へのトラックバック一覧です: やさしく弾けるラグタイム:

« ボレロ その2 | トップページ | 映画「華麗なるギャツビー」(1974) »