« ジョセフ・ラムの生涯その1―ピアノとの出会い | トップページ | アイルランドといえば―St. Patrick's Day »

They All Played Ragtime 4th Edition

先週アマゾンでペーパーバック版(第4版)を注文したら、もう届きました。米国よりわずか5日で! 1950年の初版を持っていたのですが、第3・4版は別の出版社から再版され、楽譜のおまけつきなのです。どんな曲が入っているかは、室町さんのサイトRagtime Bettyにあります。ここを読んでおけば、最初からペーバーバック版を注文すればよかったのです。

http://www.ragtime-betty.com/004h01.htm#t03

初版本だからといって価値はないようで、初版のほうが安いです。ざっと目次を照合したところ、楽譜のあるなし以外は内容に違いはないようです。ただし、第4版には再版に寄せて、著者の一人Rudi Bleshの序文がついています。共著のHarriet Janisが女性だということが序文でわかりました。Rudiも女性なのかしら?

どちらも出版元では絶版ですが、今ならまだ結構手に入ります。

|

« ジョセフ・ラムの生涯その1―ピアノとの出会い | トップページ | アイルランドといえば―St. Patrick's Day »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

ラゲディ・アンさん
>DO YOU KNOW WHAT IT MEANS TO MISS NEW ORLEANS の歌詞、見てみました。ありますね。「満開のマグノリアを夢見る……」。故郷を懐かしむ歌で、マグノリアはミシシッピ地方の、ニュー・オリンズの象徴なんでしょうね。う~ん、我が家の周りにも多いんですが、今度はそういう目で、タイサンボクを見てみよう。いい勉強になりました!
>裕美さん、ひょっとして庭先の木がそうだったら、ニュー・オリンズとは何かの因縁があるのかも!?
-----
マグノリアは日本語でも様々な言い方があるようで、とても勉強になります。人々が何百年・何千年前にもこの同じ木に触れていたのかと考えるだけでゾクゾクしますね。非常に古い木なので、学ブこと多きです。

投稿: 裕美・ルミィヤンツェヴァ | 2005/08/24 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/5615809

この記事へのトラックバック一覧です: They All Played Ragtime 4th Edition:

« ジョセフ・ラムの生涯その1―ピアノとの出会い | トップページ | アイルランドといえば―St. Patrick's Day »