« ジョセフ・ラムの生涯その2――16歳までの習作時代 | トップページ | 『パリ左岸のピアノ工房』 »

ラグタイム練習日誌―目下の目標

秋になっていろいろ予定が入ってきて、ラグタイムを弾く時間はますます減りそう……。でも、おととい、近所の音楽スタジオを一時間借りて、グランドピアノを弾いてきました。音がやわらかく、ピアニッシモも表現でき、自宅ピアノとの違いは歴然。オーナーが友だちで安く貸してくれるのでありがたく、月に2~3度はここで練習しようかと決心しました。たった一人で個室で気兼ねなく弾けて電話もセールスも来ない……、もっと早くこの方式に気づけばよかった……。

今は練習の始めの手慣らしに、Odeon(ナザレ)とBohemia Rag(ジョセフ・ラム)をまず弾きます。この2曲はなんとか楽譜なしでOK。そのあと目下の課題曲 Plangente(ナザレ)を練習。飽きるとSolaceやMaple Leaf Rag(どちらもジョプリン)をはさみます。また、忘れないようにTop Liner Rag(ラム)も必ず弾くのですが、これはまだ暗譜できていません。弾き込み方が足りないです。

さて、次はどんな曲をやるか? やや長期的なテーマとしては、バードコール・ラグを3曲制覇したいです。スコットのRagtime Oreole、ラムのRagtime Nitingale、同じくラムのRagtime Bobolinkです。このうち、去年の今ごろ毎日のように弾いていたRagtime Nightingaleが、ずっと弾いていない間に、かなり弾けなくなってしまいました。まずこれを毎日一回は弾いて取り戻すこと。また、新しい曲としては、Boborinkの譜読みを始めました。冒頭は意外に弾きやすくて、また弾いていて楽しい曲です。これがある程度できたら、次にOrioleの譜読みを始める予定。私は実はスコットの曲は一曲も弾いたことがないので、これが初めての曲になります。

また、ジョセフ・ラムの曲を、とりあえずは次々と弾けるようにしていきたい目標もあります。なので、次の大曲(?)というかムズカシイ曲としては、American Beauty Ragを予定しました。以前は冒頭からとても指が届かないし無理!と思っていたのですが、久しぶりに譜読みをしてみると、結構できそうな気がしていきました。ナザレなどを弾いているうちに少しは進歩したのかな……。この曲も弾けたら快感、と思います。また、Patricia RagとChampange Rag、これはそれほどむずかしくないのですが、指を慣らしていきたいです。そして、ちょっと気に入っているのが、ラムの最初の作品Mignonne。ラグタイムではありません。とてもやさしい曲ですが、メロディーが気に入っています。

私は、弾こうと思った曲は、まずB5サイズで楽譜のコピーをとりセロテープでつなぎます。B5だと譜面台にずらっと4枚並ぶからです。カバーのある曲はもちろんカバーも。つまり、上記の曲は、コピーをとった曲ということです。書いてみたらあまりに目標が多く、明らかにオーバーロード。でも少しずつやっていきたいです。

なお、エルネスト・ナザレ(Ernesto Nazareth)の楽譜で入手可能なものは、以下のものです。
●『エルネスト・ナザレ ピアノ小品集』(宮崎幸夫編 ドレミ楽譜出版 2003)……16曲も収録されている決定版。、「オデオン」や「7月9日」、「フォン・フォン」などナザレの名曲を多く含みますが、「Plangente」はありません。
●『ピアノ名曲集 アメリカン ラグタイム 2』(池宮正信編 東亜音楽社 1997)……ここには、ナザレの作品として、Garote(1916)と Plangente(1922)の2曲が収録されています。どちらも上記の楽譜にはない作品です。

|

« ジョセフ・ラムの生涯その2――16歳までの習作時代 | トップページ | 『パリ左岸のピアノ工房』 »

ピアノ」カテゴリの記事

ラグタイム」カテゴリの記事

ラテン・タンゴ」カテゴリの記事

コメント

外で月に2~3度ですか 私と同じですね アップライトとグランドではやっぱり違うんですか? 

アップライトの方が私は苦手なのでおそらくアップライトは弾く機会がないのでそう思い込んでしまうのかもしれませんね  

投稿: sugou | 2005/09/25 19時07分

sugouさんも、そういうペースなんですね。私もそれにあやかります(とっても、まだ一回練習しただけです)。アップライトとグランドピアノはかなり違います。普段グランドピアノを弾き慣れてたら、アップライトは物足りないでしょうね。弾きにくいかもしれないです。
でも、本当はどんなピアノでも、そのピアノのよさを引き出して弾けないとダメなんですよね……。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/09/25 19時44分

グランドピアノ、しばらく弾いてないです。
市立の音楽館では安くピアノ部屋を借りられるのですが、
そこのカワイ製のグランドピアノは、らしからぬほど軽いタッチで
逆に弾きまくってしまい練習になってない気がします。

先日のミニコンサートが終わって、次は何を弾こうか模索してます。
こんなことをしてるうちに、前に苦労してマスターした曲を少しずつ忘れていくんですよね・・。


投稿: 草野 | 2005/09/25 22時28分

そうですよね、弾けるようになった曲も、弾き続けていないと、弾けなくなるんですよね。
ほんと、これは悲しいです……。でも一曲5分としても、毎日そうたくさん弾く時間はないし……。
軽いタッチのグランドピアノ! かなり古いのでしょうか? 納入された直後の新しいグランドピアノを弾いたことがありますが、まだ音が出てこないというか、とても固かったです。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/09/26 00時09分

いや、古くはないですよ。でも驚くほど軽いのは確かです。
グレードはおそらくRXシリーズのどれかだと思いますが・・

投稿: 草野 | 2005/09/26 23時15分

そうですか、そういうグランドピアノもあるんですね。
いろんなピアノの出てくる小説の紹介、書きました。草野さんなら、もうお読みでしょうか。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/09/27 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/6108230

この記事へのトラックバック一覧です: ラグタイム練習日誌―目下の目標:

« ジョセフ・ラムの生涯その2――16歳までの習作時代 | トップページ | 『パリ左岸のピアノ工房』 »