« ヨーロッパ・ハバネラ事始 | トップページ | ニュー・オーリンズ被害―State of Emergency »

Raggedy Ann その2― ミュージカルになったRaggedy Ann

P1010167 ラガディ・アンは、アメリカのカントリー・ドールとして知られています。そもそもは、漫画家ジョニー・グリュエル(1880~1938)が病床の愛娘に語った話をもとに作られた絵本の主人公で、1915年に特許取得後、1918年に絵本が出版され、人形も発売されました。お話の主人公ラガディ・アンは人形で、髪の毛はぼさぼさ、青の花柄ワンピース、白いエプロンをして、足には赤白の横縞の長靴下をはいた姿で、ストーリーの中で活躍します。発売された人形の左胸にはハートの絵柄と、I love youの文字が描かれ、当初はその胸の中にキャンディーが入っていたそうで、買ってもらった子どもが人形の布を切り裂いてキャンディーを取り出して問題になった(?)という話を、昔どこかで読みました。とにかく、大変な人気だったそうです。今に至るまで、人形ばかりでなくプリント地や食器類、文具など、キャラクターとして根強い人気を保っています。ちなみに私が毎日使っているマグカップも、ラガディ・アンの柄……。写真はオリジナル・ストーリーと絵が入った普及本です ( 1991, Derrydale Books, New York )

ophelia_ragbig ラガディ・アンが人気を博したのは、ちょうとラグタイムの時代が終わりを迎えつつある頃でした。その少し前、似たような姿のキャラクター、オフェリア・バンプスを創作して新聞連載した漫画家に、クレア・ビクター・ドウィギングス(1874~1959)がいました。このオフェリアは、ジェームス・スコットのオフェリア・ラグ(1910)のタイトルにもなり、楽譜の表紙にも使われています(左の写真)。

raggedy_ann_ それなら、大人気となったラガディ・アンもラグタイム曲になっていないだろうか? 荒唐無稽の想像をしたのですが、なんと、ブロードウェイのミュージカルになっていましたThe Stepping Stones というタイトルのミュージカルで、当時人気の喜劇俳優Fred A. Stone とその娘のDorothy Stone が出演したようです。しかも作曲はジェローム・カーン、作詞はアン・コードウェルというベテランでした。その楽譜の表紙がこれです。額縁の中にいるのがアンで、それにもたれているのがラガディ・アンディというボーイフレンドです。ブロードウェイでは1923年11月から翌年の10月4日まで上演されました。この中に一曲、Raggady Annという曲があるのでした。いまだに楽譜は入手できないでいるのですが、曲はフォックス・トロットだそうで、音源のサンプルなどは聞けます。

そして、この曲はなんと、ミュージカル終演直後の1924年10月9日、ガーシュインのラプソディ・イン・ブルーが初演された歴史的コンサートで披露されています(ニュー・ヨーク、エオリアオン・ホールにて)。ちなみにノベルティー・ラグの名曲である Zez Confrey の「鍵盤の上の子猫」や、Irving BerlinAlexander’s Ragtime Band も、この時、演奏されました。

●Fred Stoneについてですが、Silks and Rags や Ma Ragtime Babyなどのラグタイム曲で知られるFred S. Stoneは、デトロイトで活躍したミュージシャンで、別人のようです。音楽家Fred S. Stoneの生没年はよくわからないのですが、ある私的サイトで1873~1912とありました。それが本当なら、喜劇俳優のFred A. Stone(1873~1959)とは、同じ年の生まれということになります。俳優のFred Stoneは「オズの魔法使い」(1903年上演)のかかし役もしています。

●この記事は、JRC通信第12号(2005年2月12日発行。日本ラグタイムクラブ会員に配信のもの)に投稿したものをもとに、加筆しました。

|

« ヨーロッパ・ハバネラ事始 | トップページ | ニュー・オーリンズ被害―State of Emergency »

ラガディ・アン」カテゴリの記事

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/5729109

この記事へのトラックバック一覧です: Raggedy Ann その2― ミュージカルになったRaggedy Ann:

« ヨーロッパ・ハバネラ事始 | トップページ | ニュー・オーリンズ被害―State of Emergency »