« 映画「チャーリーとチョコレート工場」(2005) | トップページ | 3拍目で止まるステップ »

「スティング」健在なり

ある学園祭に行きました。音楽室で、いろいろな団体の演奏を鑑賞すること2時間。

するとその間に、エンターテイナーと、パイナップル・ラグの演奏がありました。前者はリコーダーアンサンブル、後者は吹奏楽によるもの。どちらも、映画「スティング」の曲ということで選ばれていたようです。(帰ってきてプログラムを見たら、私が聞く前の時間帯の弦楽器グループのプログラムにも「ラグタイム」の記載があって、びっくりしました。……追記10月11日)

やはり、映画」「スティング」の影響は、まだまだ大きいと再認識しました。

また、木管がエリック・サティのル・ピカデリーを演奏しましたが、ケーク・ウォークのリズムでした。もともとは、歌とピアノのために書かれた通俗的なシャンソンということ。今度楽譜を探してみようと思いました。

中高生が、自分たちの感覚で選曲していると思うのですが、ラグタイムは現代に充分アピールする素地があるんですよね。ただ、あまり知られていない、それも現実です。

|

« 映画「チャーリーとチョコレート工場」(2005) | トップページ | 3拍目で止まるステップ »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

ピカデリー!そんな曲がありましたね。
クラシック系で、ドビュッシーのケークウォークの他に何か忘れていると思ったら
それですよ、サティのル・ピカデリー。
ピアノ譜は簡単に手に入れられると思います。
昔、弾こうとしたのですが難くてあきらめた記憶があります。


投稿: 草野 | 2005/10/11 06時23分

そうなんですか。1903年の作で、著作権は切れてますよね。
d-scoreという楽譜ダウンロードサイトがあったのですが、ピカデリーについては楽譜は無料ですが、表示・印刷用ソフトを買わないといけないのですね(1980円で期限2ヶ月)。http://www.d-score.com/ar/A02121801.html
このサイト、ほとんどクラシック曲ですが、スコット・ジョプリンだけはたくさんあります。
普通に買うのだったら、全音のエリック・サティ全集(4)でしょうか。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/10/11 23時30分

僕はドレミ出版ので持ってます。
版権が切れたものは無料でダウンロードできる曲もあるんですね。知りませんでした。
それにしてもピカデリーは、ヘ長調のストライドでしかも右手がオクターブの連続の部分があるので演奏はきついです。
僕だけかもしれませんけど・・。

投稿: 草野 | 2005/10/12 22時24分

『エリック・サティ:ピアノ・アルバム』(全音)にも入っていたので、それを注文してみました。
全音楽譜のサイトから注文できるのですね。
オクターブの連続というのは、難関かもしれません……。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/10/12 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/6336757

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティング」健在なり:

« 映画「チャーリーとチョコレート工場」(2005) | トップページ | 3拍目で止まるステップ »