« 『パリ左岸のピアノ工房』 | トップページ | 最近のピアノ練習メニュー »

メトロノームと鍵盤のポインタ

パソコンの設定で、ちょっと遊びました。

ウィンドウズXPを使っているのですが、ポインタの絵柄を変えられることを、最近知りました。初期設定だと、「待ち状態」のときに、おなじみの砂時計のマークがでてきます。これを、じゃ~ん、ピアノの鍵盤に変えたのです! ドからシまであり、しかも待っている間にドレミファソラシラソファミレ……、と白鍵が動くのです! 変えてみたら、待つのが苦痛じゃなくなりました。

ついでに「作業中」のポインタも変えました。初期設定だと、白い矢印と砂時計が並んで出てくるマークです。これをメトロノームにしました。待機中にちゃんとメトロノームの針が左右に動きます。

かくして、たとえばワードを立ち上げるときは、こんなふうになります。文書の入ったフォルダをダブルクリックするとメトロノームが出現してかちかちと動き出し、ワードが立ち上がるとそれは消えるものの、今度は文書が出てくるまでの間、ピアノの鍵盤が登場して音階を奏でます……。なんか、ちょっと楽しい感じ、です。

以上を試してみたい方へ。スタート→コントロールパネル→デスクトップの表示とテーマ→関連項目の中から「マウスポインタ」を開く→マウスのプロパティ→ポインタ→変えたいポインタを黒く反転させて「参照」をクリック→たくさんある絵柄の中から好みのものを選んでクリック→適用→OK

10月の半ばまでちょっと忙しく、ブログの更新はあまり頻繁にできないかもしれませんが、ピアノには極力毎日触れる予定です。

|

« 『パリ左岸のピアノ工房』 | トップページ | 最近のピアノ練習メニュー »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/6204585

この記事へのトラックバック一覧です: メトロノームと鍵盤のポインタ:

« 『パリ左岸のピアノ工房』 | トップページ | 最近のピアノ練習メニュー »