« オルケスタ・デ・ラ・ルス | トップページ | ダーウィンの亀はまだ生きていた »

CD"Littlt Lost Lamb" ―PatriciaさんとSueさんの出会い

 ジョセフ・ラムの新しいCDがリリースされた―それもSue kellerさんの演奏で、という、私にとってビッグなニュースが、sugouさんのメールから飛び込んできました。
 え、え、え~~~! さっそくスー・ケラーさんのウェブサイト
Ragtime Pressを見ると、ありました、ありました! なんと、今年スーさんの編集で出版されたジョセフ・ラムの未出版楽譜集”Littlt Lost Lamb”と全く同じタイトルのCDがリリースされていました。そうです、その名もLittlt Lost LambというタイトルのCD(CDジャケットは雪の中の白い羊)。もちろん、スーさんがピアノを演奏しています。さらにびっくりすることは、Vocalのなかに、Patricia Lamb Connさんの名が! ジョセフ・ラムの娘さんで、相当ご高齢のはずですが、そのパトリシアさんが、I`ll follow the Crowd to Coney (1913) を歌っているのです。
 
CDbabyのサイトを探すとやはり同じものがありましたが、その解説には、さらに驚くようなエピソードが紹介されていました。
  スーさんがラグタイム・プレスをブルックリンで創設した当時のこと、シープスヘッド・ベイの郵便局で待っていたとき、郵便職員のひとりがラグタイム・プレス宛の郵便物を見て、
「あら、私のおじいさんも、ちょっとラグタイムを作ってたわ」
と言ったそうです。その職員がジョセフ・ラムの孫娘だと知って、スーさんがどれだけ驚いたことか。これをきっかけに、孫娘さんの母であるパトリシアさんとの交流が始まりました。さらに2002年にはパトリシアさんが、父ジョセフ・ラムの遺稿をスーさんのところに持ち込んだのです。スーさんは3年かけてそれを出版した。そういうわけだったのです。
 スー・ケラーさんのようなアメリカのラグタイム・ピアニストなら、当然のようにジョセフ・ラムの娘さんと交流があるだろうと想像していたのですが、その出会いが偶然だったとは! 人と人には、本当に不思議な縁というものがあるのかもしれません。

|

« オルケスタ・デ・ラ・ルス | トップページ | ダーウィンの亀はまだ生きていた »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

出会いがなければLittlt Lost Lambの楽譜集もCDも発売はなかったということですね Littlt Lost Lamb CDは草野さんから教えていただきました 楽譜購入者には直接はがきが送られてきたそうです 

投稿: sugou  | 2005/11/14 23時20分

sugouさん、先日はどうもでした。^^
ラゲディさんの所にも、当然ケラーさんからハガキが着ていると思いましたが、
そうではなかったんですね???

投稿: 草野 | 2005/11/15 00時16分

sugouさん、草野さん、どうも。お二人ともライブを楽しまれたようですね。
そう、葉書、来てませんでした。教えていただいて、本当にありがとうございます! さっそく今日注文します。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/11/15 07時42分

実はケラーさんからの葉書、
住所の表示が間違いが多くて(郵便番号も)、よく届いたなと思うほどでした。
出していたのに届かなかったとも考えられますね。

投稿: 草野 | 2005/11/16 21時57分

葉書、地球上のどこかをさまよっているのでしょうか。でもJRCネットワークがあれば大丈夫! 12月10日も楽しみですね。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/11/17 23時46分

浜田隆史です。初めて書き込みします。
私も A Little Lost Lamb を手に入れました(私の新作との物々交換!)。
私に Patricia Lamb Conn さんのご住所を教えてくれたのは、他ならぬ Sue Keller さんだったのです。

このCDは、新たなラグタイムの歴史に残るべき名盤だと思います。
なお、曲の年代についてはもう少し詳しい分析が John Edward Hasse さんの本にありました。詳しくはJRC掲示板に書きます。

投稿: 浜田隆史 | 2005/11/18 13時57分

浜田さん、書き込みありがとうございます。
CDが届くの楽しみです。
JRCの掲示板見ました。John Edward Hasse氏の本ですが、知りませんでした。さっそく探したら、usedがあったので注文しました。

投稿: ラゲディ・アン | 2005/11/19 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/7109121

この記事へのトラックバック一覧です: CD"Littlt Lost Lamb" ―PatriciaさんとSueさんの出会い:

« オルケスタ・デ・ラ・ルス | トップページ | ダーウィンの亀はまだ生きていた »