« ゴスペル歌詞の意味調べ | トップページ | Hal Isbitz, again »

ナザレに入れ込んだ作曲家:Hal Isbitz

_p5200043 ラグタイム作曲家、Hal Isbitzの楽譜を手に入れました。以下の3冊です。

●ピアノ楽譜集「Twelve Piano Rags」(初版1994、第2版2003)……79年~93年までのラグタイム12曲を収めた曲集。Chandelier Ragは初版ではD♯mだったが、第2版ではE♭mに書き換えられています。
●ピアノ楽譜集「Blue Garddenia」(1994)……87年~94年に作られたラテン・アメリカ風ピアノ曲集。Blue Gardenia, The Flirt, Mirandaなど12曲収録。同名のCDもカナダから発売されています。この曲集のすべての曲は、「偉大なブラジルの作曲家」エルネスト・ナザレに捧げられています。
●ピアノピース「Lazy Susan」(1997)……97年のスコット・ジョプリン・ファウンデーション主催のラグタイム作曲コンテストの受賞作。

 Hal Isbitzは 1931年生まれ。。カリフォルニア州ロス・アンジェルスで育ちました。

 驚いたことに、彼はプロのミュージシャンではなくて、コンピューターのプログラマーでした。退職後の70年代、40歳代になってから、ラグタイムの作曲を始めます。
 音楽の基礎はクラシックでした。おもに影響を受けたのは、スコット・ジョプリンやジョセフ・ラム、アメリカのポピュラー音楽、ショパンやラフマニノフなどのロマン派音楽だったそうです。80年代になってからは、スコット・ジョプリンの「ソラース」やアーティー・マチューの「パスタイム・ラグ 第5番」に触発されて、ラテン・アメリカ風の作曲を始めました。さらに87年、エルネスト・ナザレのブラジル風タンゴを知るようになり、ラテン・アメリカテイストの音楽を創作する際に大きな影響を受けたそうです。
 道理で、「Blue Gardenia」の楽譜を開くと、冒頭にエルネスト・ナザレへの献辞が書かれていました。いかにナザレに入れ込んで、影響をうけたかが、ここからもうかがえます。
 現在までに65曲を作曲しているそうです。楽譜集は上記以外に「Panamericana」というものが発行されているようです。題名からも、ラテンテイストかと想像できます。

 さっそく、「Blue Gadenia」の曲の音をピアノで拾ってみましたが、左手はタンゴのリズム、右手は不協和音も含む現代的なサウンドで、何とも魅力的な曲でした。ブルー・ガーデニアとは、青いクチナシのことです。楽譜の表紙には、本当に水色のクチナシの絵が書かれています。
Blue_gardenia_by_hal_isbitzcd  楽譜をここまで集めてみて、CDを一枚も持っていないことに気づきました。CD「terra verde」にChandelier RagとMirandaの2曲が収録されていますが、それ以外は?
「Blue Gardenia」だけは、CDが発売されていました。これはアマゾンで手に入ります。CDジャケットの絵は、マグノリアの花を青くしたような花の絵でした。

 クラシックのピアノを習い、ショパンなどを弾きつつスコット・ジョプリンでラグタイムを知り、とくに「ソラース」に惹かれ、さらにジョシュア・リフキンさんのCDでナザレを知ってはまった私と一緒にしては申し訳ないようですが、それにしても、音楽的嗜好の類似点が多いので、うれしくなりました。

|

« ゴスペル歌詞の意味調べ | トップページ | Hal Isbitz, again »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

これまた珍しい楽譜を手に入れましたね。

Chandelier Ragは何か物悲しい曲想から入ってますが、最後の部分はその何かが解決されたような耳に残る名フレーズで大好きです。
Miranda、ブラジルっぽくないですね。イタリア?カンツォーネに聴こえてきます。

プロでなくても、ただ音楽を職業にしなかっただけなんでしょうか。すごいですね。

なんか、またCD欲しくなってきたなぁ・・今月はガマン。

投稿: 草野 | 2006/05/20 23時56分

譜の読めない私としては、特に Lazy Susan をぜひCDで聞きたいのですが、この曲の入ったCDはまだ未発見です。
Hal Isbitz のラテン系の曲って、派手なところはないんですが、すごく心が落ちつくんですよ。

投稿: 浜田隆史 | 2006/05/21 00時36分

シャンデリア・ラグは本当に静かでメランコリックで、素敵な曲ですね。ミランダは左手がすごく軽快なリズムですよね。 40歳をすぎてから、映画「スティング」をきっかけにラグタイムにのめりこんだようです。草野さんも、まだまだこれからですよ!? Lazy Susanは、録音が見つかりませんね。ロンドと書いてありますが、メロディーが2層になっていて複雑に半音進行するところなど、その後のラグ&タンゴの作曲をホウフツとさせる曲かと思われます。ほんと、静かな曲が多いですよね。

投稿: ラゲディ・アン | 2006/05/22 01時13分

Hal Isbitzの楽譜3冊はどこから入手しましたか?
ハルさんに直接メールしないとだめでしょうか。
色々聴いているうちに弾いてみたくなりました。

投稿: 草野 | 2006/09/02 10時21分

クサノさん、楽譜は、The Scott Joplin International Ragtime Foundationのストアからです。Folioというファイルを開くと、宝の山! 初めて見るようでしたらご覚悟を。

投稿: ラゲディ・アン | 2006/09/02 13時30分

あった、ありましたぁ~!
でもちょっと凄すぎ、まだ独身だったら結婚はかなり遅れたかもしれません。 危ない危ない。

投稿: 草野 | 2006/09/02 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/10080994

この記事へのトラックバック一覧です: ナザレに入れ込んだ作曲家:Hal Isbitz:

« ゴスペル歌詞の意味調べ | トップページ | Hal Isbitz, again »