« 「ラグタイムの輝き」コンサート | トップページ | Scott Joplinの曲のStamp奏法について »

ミステリー小説「The Ragtime Kid」

The_ragtime_kids 舞台は1899年、
場所はミズーリ州セダリア、
登場人物はスコット・ジョプリン、ブラン・キャンベル、ジョン・スタークなどなど。
しかし、そこでブランが女性の死体を目撃、
尊敬するジョプリンに嫌疑がかからないように……。

なんと、こんな推理小説が昨年発売されました。
「The Ragtime Kid」(Larry Karp, 2006, Poisened Pen Press)。
時代考証や音楽史的考証の担当者がいて書かれているようですが、さて、Maple Leaf Rag出版あたりの様子が、どう描かれているのでしょうか。
もちろんフィクションなので、事実と違う点はあるでしょうが、どこまでリアリティがあるか?
なお、The Ragtime Kidとは、Brun Campbellのことです。

作者は医者から作家に転身した人で、医学的背景をミステリーに生かすのが得意なようです。

最後に参考文献一覧があり、ラグタイムやブラン・キャンベルに関する研究書や論文が一覧になっていて、これはこれで価値がありそうです。

一応手に入れたのですが、読めるかな~!?

|

« 「ラグタイムの輝き」コンサート | トップページ | Scott Joplinの曲のStamp奏法について »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

なんか、凄そうな話ですが、これで出版できるトコロがもっとスゴイですね。さすがアメリカって感じです、ハッツオフ!

投稿: 青木 | 2007/03/09 22時05分

青木さん、そうですよね~。こんな話がミステリーになるところがね。翻訳されるといいんですけど……(無理か?)。

投稿: ラゲディ・アン | 2007/03/10 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123768/14082307

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリー小説「The Ragtime Kid」:

« 「ラグタイムの輝き」コンサート | トップページ | Scott Joplinの曲のStamp奏法について »