« X.L.Rag(1903)とLee Edgar Settleについて | トップページ | スクエア・ピアノ »

古いピアノ譜を発掘 Tom Brierの 「Rewind」

米国のピアニストTom Brier(1971~)のCD「Rewind」(2006)が届きました。
http://cdbaby.com/cd/tombrier

演奏の素晴らしさは言うまでもなく、なんと魅力的な曲の数々でしょう!
題名「巻き戻し」で想像されるように、
歴史に埋もれて演奏されることのない作品ばかりです。

ここ15年ほど周囲の協力者に呼びかけて提供を受けた古い楽譜、
その中から選りすぐったというアルバムです。
作曲年代は1900~1923年(ひとつ未確定のものがありますが、
遅くて20年代前半だろうということ)。
出版地域は、ニューヨークのスターク出版から、
シカゴ、デトロイト、シンシナティ、セダリア、アオイワなど各地方に渡ります。
弾きたい、と思っても、簡単には楽譜のないものばかりかと思います。

純粋なラグから、ラグにブルースやブギ、ジャズなどの要素が加わってきたもの、
またワルツ、ラテン要素のものなど、選曲もバラエティに富んでいます。

私が一番にはまってしまったのは、Lolita(1903)というウィスコンシン生まれのタンゴ風ラグ。
これを実に魅惑的に弾いています。
もうひとつ、Cassandra(1918)も「あ、タンゴ!」と思いました。
Tom Brierは「自分にはラテンに聞こえる」と控えめな書き方をしていますが。

また「Cradle Rock」(1916)は揺れるようなブギ風のかっこいい始まり。
このタイトル、明らかにマザー・グースの「Rock-a‐bye-Baby」のもじりでしょう。
木の上の揺りかごが風に揺れて(rock)落ちちゃった、という子守唄です。
これも弾いてみたくなる一曲でした。

そのほかにも実にいい曲だと思ったのがたくさん。
That Dahm Rag(1912)とか、Jelly Roll Fox-Trot(1915)などなど……。ワルツも素敵。
全17曲です。

歴史的にもとても意味に深いアルバムだと思いますが、
そんなこと抜きに、聞いていて楽しくバラエティある内容です。
それにしても、どんな局面でも本当にリズムがかっちりとしている演奏。
こういうところは、お手本にしなければと思いました。

|

« X.L.Rag(1903)とLee Edgar Settleについて | トップページ | スクエア・ピアノ »

ピアノ」カテゴリの記事

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

楽譜探しが大変そうですね 

投稿: sugou | 2007/05/08 21時59分

古い楽譜、アメリカでは結構容易に手に入るのでしょうか。
ライナノーツには「自分のレパートリーを広げるためと、ほぼ100年間にわたって忘れられていた曲に光を当てるために、ラグタイムの古い楽譜を楽譜を集めてきた」と書いてあります。まさに発掘作業ですね。でも宝の山という感じですよね!

投稿: ラゲディ・アン | 2007/05/09 08時33分

古い楽譜(オリジナル)いつくかアメリカオークションで買いました
欲しい楽譜があればいいのですが聞いたこともない題だとmidiで聴いて調べます でもなかなかヒットせずネット検索できません これが無名の曲と言えるのでしょう

投稿: | 2007/05/09 21時59分

上記メールの名前書き忘れまいた

投稿: sugou | 2007/05/09 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« X.L.Rag(1903)とLee Edgar Settleについて | トップページ | スクエア・ピアノ »