« ピアノと鍵盤ハーモニカ | トップページ | Key Stone Ragと韓国映画「猟奇的な彼女」 »

中国語で、「ラグタイム」は「拉格泰姆」

CDを検索していて行き当たったのが、
中国語サイト。

中国語では、こう書くんだ~!

「拉格泰姆」……ラグタイム

「S.喬普林 」……S.ジョプリン

「鋼琴」……ピアノ

(簡体字は、日本の漢字に変えました)

「ラグタイム」について、こんな定義をしているページもありました。
http://baike.baidu.com/view/3003.htm

これを、暑気払いに訳してみました。
昔、習ったおぼつかない中国語なので、
間違ってるかもしれませんが……。
**************************

ラグタイムはアメリカのポピュラー音楽の形式の一つで、
1900年前後、アメリカ経済が繁栄した時期に生まれた。
当時、シカゴやセントルイスなどの地方都市では、
しばしば万国博覧会が催された。
南部や中西部の音楽師たちは、
移動旅行中の生計を得るために、
飲食店や喫茶店、バーなど各種の公的場所のピアノを用い、
娯楽的なピアノ曲を弾いてお客に聞かせた。
音楽師たちは、黒人のもつシンコペーション(切分式の訳でいいのかな?)のピアノ音楽に相当感化され、
それを思う存分に模倣し、
この新しい音楽の特徴を発揮するとともに、
素晴らしい効果を獲得した。
これにより、リズムのみを重視して旋律を重視せず、気分を楽しくさせ、独特な風格をそなえるこのピアノ音楽を、
人々はラグタイムと呼んだ。
これは人を笑わせる拍子という意味である。

ラグタイムは比較的簡単で、普通はゆっくりした四分の二拍子である。
その基本的リズムと速度は、当時の行進曲や四人舞踊(?)、ワルツなどの舞踊音楽と似ている。
大半の曲の形式は、ゆっくりした舞曲とスケルツォの擬似繰り返し形式を用いている。
旋律はよく流行歌を用いてアレンジしている。
ラグタイム作曲家の中で最も有名なのは、黒人音楽家のS・ジョプリンで、ラグタイム王の呼び名がある。

**************************

ジェームス・スコットやジョセフ・ラムだったら、
どんな漢字で書くのだろうか。

|

« ピアノと鍵盤ハーモニカ | トップページ | Key Stone Ragと韓国映画「猟奇的な彼女」 »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピアノと鍵盤ハーモニカ | トップページ | Key Stone Ragと韓国映画「猟奇的な彼女」 »