« バレエ「エリート・シンコペーション」 | トップページ | ビリー・ジョエルの「Root Beer Rag」 »

今日はラグタイムを3曲

2週続けて、ミニ・コンサートに参加。
本日も、なんとか終了しました。
今日は気温が17度とかで、とても暖か。
午後にビートルズのリハをやったときは、
あまりに暑くて、額の汗が目に沁みたほど!
(いや、冷や汗かも?)

さて本番。
初めて人前で弾く「シャンパーニュ・ラグ」のピアノ・ソロ。
なんとか乗り切りました。
次に、トランペット(娘)を加えての
「鍵盤の上の子猫」と「ラグタイム・ダンス」。
これはデュオのおかげで、ソロよりも気楽にできました。
娘は「音が出なかった」と不調のどん底のようでしたが、
まあ調子には波があるので、そんなこともあるでしょう。

先週と同様に、楽譜の表紙をプリントして、
観客の皆さんに見てもらいました。

今日は、RagtimeCaveさんご夫妻がお見えだったので、
トークの部分でやや緊張があったかもあせあせ(飛び散る汗)
(いいかげんなこと、しゃべれませんよね……)

「ラグタイム・ダンス」で足を踏み鳴らす「stamp」の話をしようと思っていたのに、
すっかり忘れてしまいました!
でも演奏ではもちろん、楽譜通りにストンプを入れました。
床はフローリングでしたが、
事前に靴とスリッパで比較してみたら、
ストンプの音は全然同じでした。
なので、スリッパで足を踏み鳴らした次第。
トランペットもストンプを入れました。
(練習のときには、やりすぎて歯に打撃を受けたそうです)。

ストンプとピアノ演奏の一体感が出るように!
弾くたびにそれを目指してやったのですが、さて如何に。

その後のビートルズでは、
「オブラディ~」で、エレキベース・デビューしました!

いえ、本来は、エレクトーンでベースパートを弾く割り当てだったのですが……。
サロンに常設のベースにふらふらっと吸い寄せられ、
冗談というか、瓢箪からコマのように弾くことに……あせあせ(飛び散る汗)
いえ、本当は昔からエレキベースにあこがれがありました。
何というか、夢をひとつ実現。

しかし、初めてさわってから5日目で本番という無謀です。
結構、必死の5日間でした。
CD聞きながら、エアベース(?)で練習、暗譜しました。
というか、譜面を見る余裕はない……。

でも、とっても楽しめました。
ピアノと違って、弾いていて一体感があります。
弦が太いので、結構左指に負担はありました。
でも、子育を経験した女の指は、強いのですヨ!
右手は、本来は人差し指と中指ではじくそうですが、
それを練習する余裕はなかったので、すべて親指で。
何でも、いかりや長介さんはこの方法ですごくうまいとか。
ということで、デビューはチョーさん流でした。

|

« バレエ「エリート・シンコペーション」 | トップページ | ビリー・ジョエルの「Root Beer Rag」 »

ピアノ」カテゴリの記事

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バレエ「エリート・シンコペーション」 | トップページ | ビリー・ジョエルの「Root Beer Rag」 »