« 新宿トラッド・ジャズ・フェスティバル | トップページ | バレエ「エリート・シンコペーション」 »

ケーク・ウォークを踊る映像

Llsdv0420640101screen私は高校時代、妙に好きな曲があって、
それがドビュッシーの「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」でした。

勝手に練習して、ピアノの先生に無理に見てもらったりして。
(先生、困惑! 近現代は指導できないと言われました……)
昔アメリカの黒人の間ではやったダンスで、
優勝者の賞品がケーキだったという楽譜の解説を何度も読み、
どんなものだったのか、繰り返し想像していた記憶もあり……。

ラグタイムを弾くようになって、
この「ケーク・ウォーク」というジャンルに直面しました!
19世紀末頃からの楽譜もたくさんあり、
ラグタイムの発生にも深く関わっている2拍子の舞曲です。

曲の特徴はわかるのですが、どんなダンスだったのだろう。
それが、ダンスにお詳しいtamaさんのご紹介で、
見ることができました!
YouTubeを探してご覧なさいと言われて見てみたら……。

昔の映像は舞台のものが多いですが、
ステッキをもった中央の男性は、
まさにジョプリンの「The Entertainer」の表紙(写真)に描かれる人物そのものです。
http://jp.youtube.com/watch?v=7sDnVIeSn_k&feature=related

それから、毎年セダリアで開催される、
「スコット・ジョプリン・フェスティバル2007」での、
「ケーク・ウォーク・コンテスト」の映像がありました。
参加者がペアで踊って、
上位3組にケーキの賞品が出ています!
http://jp.youtube.com/watch?v=WQ7daKRcWqw&feature=related

踊り方はいろいろなアレンジがあるようですが、
基本はありそうですね。
これなら、できる?

★なお、ケーク・ウォークの映像については、こちらの記事にも書きました。

|

« 新宿トラッド・ジャズ・フェスティバル | トップページ | バレエ「エリート・シンコペーション」 »

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新宿トラッド・ジャズ・フェスティバル | トップページ | バレエ「エリート・シンコペーション」 »