« 「五線譜のなかの動物たち」とラグタイム | トップページ | A Happy Old Ragtime ! »

スコット・ジョプリン・フェスティバル2007の映像

スー・ケラーさんのサイト「Ragtime Press」を久しぶりにのぞいてみたら、昨年のスコット・ジョプリン・フェスティバルのYouTube映像がまとめてアップされていました。スーさんは、このフェスティバルのdirectorですが、責任者としてまとめてアップしてくれたのですね!

スコット・ジョプリン・フェスティバルは、毎年、アメリカミズーリ州セダリアで開催される、ラグタイムのお祭りです。全米および外国からもラグタイム演奏者や愛好家が集まります。

この映像を見れば、居ながらにして、ラグタイム・フェスティバルの臨場感に浸れるではないですか! これって、ほんと、すごいことですね。感激です!

★2007年のScott Joplin Festivalのハイライト映像
http://www.rtpress.com/youtube/sedalia.htm

まだとても全部は見きれていませんが、
スーさんが登場するのは、8つあるうちの一番左下。
2台ピアノで「Dill Pickles」、「Maple Leaf Rag」、「Kitten On Tne Keys」などを弾いています(ひとつの画面で続けていくつも聞けます)。 「Maple Leaf Rag」の相手は、何と池宮正信さん! そしてドレスの女性が池宮ご夫人のようで、washboardを軽快に演奏されています。

★このフェスティバルの出演者については、「Scott Joplin Foundation」の「Festival」の項目の「Performer」として、リストとプロフィールがアップされています。
http://scottjoplin.org/performers.htm

★また、「News letter」の項目では、フェスティバルの事前のレビューをSue Kellerさんが、終わった後の感想文をBill Edwardsさんが書いています。過去のレターもさかのぼって読むことができて、貴重な記録です。
http://scottjoplin.org/newsletter.htm

|

« 「五線譜のなかの動物たち」とラグタイム | トップページ | A Happy Old Ragtime ! »

ピアノ」カテゴリの記事

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしてます。ブログの新しいデザイン、クリスマスらしく洒落てますね。
本年は音楽には接点がありませんでしたが、仕事のイベント企画関係で「ツリーモニシャをロックオペラでやる」という構想を勝手に思いつき、説明を始めたらラグタイムに辿り着く前に(全員)引いて「おじゃん」になりました…まぁ、当然ですけど。余裕があれば何かしようかとも思っていますが、まだ動き出せないのが現状でしょうか…。
では、来年もブログ更新、頑張って下さい!(継続は力、ですね)

投稿: ragtimer | 2007/12/25 17時16分

ragtimerさん、お元気ですか。
「ツリーモニシャのロックオペラ」というのは、発想だけでもスゴイですね。来年はぜひ、ラグ活動再開されてください。
ブログはサボりっぱなしだったので、12月にまとめて更新しました。下書きや他のサイトのリライトなどから、日付を遡ってアップ。ほんとにラグタイム虫食い日記です。よろしかったら6月くらいからご一瞥いただけると幸いです。
そうそう、来年2月には池宮さんのコンサートがありますネ。

投稿: ラゲディ・アン | 2007/12/25 22時14分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2007/12/27 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「五線譜のなかの動物たち」とラグタイム | トップページ | A Happy Old Ragtime ! »