« 「ゴリウォーグ」という用語 | トップページ | 音楽スタジオ「けやき」のホームページが »

映画「ベンジャミン・バトン」とラグタイム

「おくりびと」がアカデミー賞外国語部門で受賞して話題になっていますが、 美術賞など三部門を受賞した「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に、 スコット・ジョプリンの曲が使われています。 Granpa's Spellsさんから情報をいただき、さっそく見てきました。

おお!これは、すごい! 舞台が始るのは1918年のニューオーリンズ。 終戦に湧く町に流れるのは「聖者が町にやってくる」 そして生後すぐの主人公が捨てられる施設から聞こえてくるのが、 優雅なピアノのラグタイム……。これがスコット・ジョプリンの、 「Country Club」~「Elite Syncopations」~「The Chrysanthemum」 おおお~、豪華!

これだけでもラグタイム好きには堪えられないのに、 施設に入居している老婦人から主人公が習う曲、 それがジョプリンのラグタイム・ワルツ「Bethena」なのです この曲は映画の最後まで、 ストーリー上も重要な役割を担っています。 その他「Baisin Street Blues」「Billy Baily」「I Could be with you」など、 ニューオーリンズジャズもたくさん。 音楽が時代の経過を表すものとして、 綿密に計算して使われています。 それは調度品や服装も同じ。 本当に凝っています。

ストーリーはフィッツジェラルド原作で、 老人として生まれた男が、 80歳で人生を終えるまでに、 どんどん若返っていくというシュールなものですが、 この信じられない設定が全く荒唐無稽でなく、 それどころかリアリティーをもって迫ってくる、 ヒューマン・ストーリーです。

「Bethena」がメジャーに脚光を浴びた映画として、 私には記念碑的存在となるでしょう。 しかしラグタイムに特に興味がなくても、 心から感動できる映画だと思います 若返った主演のブラッド・ピットが、 ジェームス・ディーンのようにかっこいいオニイチャンになるのも、 見もの。

なお、2枚組みのサントラCDには、 ベシーナが収録されています。 http://www.universal-music.co.jp/jazz/compilation/benjamin_button/index.html

|

« 「ゴリウォーグ」という用語 | トップページ | 音楽スタジオ「けやき」のホームページが »

ラグタイム」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ゴリウォーグ」という用語 | トップページ | 音楽スタジオ「けやき」のホームページが »