« 「ラグタイムとオバマ大統領」を見て | トップページ | 札幌ラグタイムクラブ初参加 »

池宮正信&レ・フレール公演

7月24日は、オーチャードホールにて、
「Bravo! Piano 2009 Les Freres & Masanobu Ikemiya」の公演でした。

当日は各地から、ラグタイムがご縁で知り合った仲間が駆けつけます。
オーチャードホールに近づくにつれ、携帯電話が鳴る、鳴る……。
待ち合わせた人たちと会場に入るや、
即座に池宮さんの新発売CDをゲットしました。

ファースト・ステージに現れた池宮正信さんは、
白い衣装が神々しく、あたかも天上人のごとし。
そして奏でるは、「Maple Leaf Rag」、そして「The Entertainer」。
軽妙で、洒脱で、達観した遊び心があり、まさに天上の音楽~。
もう私には、ラグタイムの人間国宝に感じられました。

さて、そのあとが「ラグタイム講座」。
ピアノで実例を弾きながら、
普通の曲がどのようにラグタイムにアレンジされ、
ラグタイムがどう生まれていったのかというのを、
まざまざと解説してくれました。 
ラグタイムを知らない人には、
格好の入門になったことでしょう。

そのあとの「Chevy Chase」では、
観客に拍手のタイミングを説明し、
弾きながら笑いながらのコール&レスポンス。
二階席の隅々まで満員の会場全体を巻き込んで、
これも実に壮大で、楽しいひと時でした。

次はクラシックとラグタイムの関係をトークしたあと、
十八番の「Humoresque Rag」。
随所に出てくるクラシック曲の断片は、
ベーゼンのグランドの底力を見せつける素晴しさで唸りました。

その後は、舞台の大型スクリーンに映像を写しながら、
静かな3曲。
現代作家ボルコムの「Graceful Ghost Rag」、
ショパンの「別れの曲」とシューマンの「ショパン」(こんな曲、あったのですね!?)、
19世紀の作曲家ゴッドシャルクの「Souvenir do Porto Rico」。

この3曲の演奏時、舞台の大型スクリーンには、
メイン州自宅農園で池宮さんが
自然農法で作業する場面が次々に映し出されました。
また鍵盤を真上から横から次々に映し出すのも、実にありがたい趣向でした。 

さて、次いではもう1曲ゴッドシャルクで「Union」。
南北戦争時の北軍を応援する曲とのことで初めて聞きました。

池宮さん最後の曲は、おお、なんと!
敬愛するZez Confreyの「Dizzy Fingers」でした。
練習曲のようなシンプルな曲ですが、それを猛烈な速さで弾く曲です。
間にクラシックのいろいろな曲の一部をはさむアドリブも、
この曲ではよく行われますが、それもバッチリ!
いや~、この曲を生で聞いたのは初めて!
得した気分でした。

あっという間に1時間以上が経過していました。

そのあと、レ・フレールのステージ。
これはすごいパワーでした。
弟・圭土さんの「Boogie Woogie Stomp」は更なる熱演。
あの少年のように細い体と腕で、
体重が2倍くらいありそうなオッチャン(Albert Ammons)の曲を弾いちゃうのだから驚き。

札幌のラグタイム仲間の方が弾いている「For Kids」のホンモノも実によかったです。
スクリーンににレ・フレールが学校訪問したときの子どもたちの映像も流され、
子どもって本当にブギウギやノリノリの音楽が好きなんだな~と思いました。

さてさて、最後のアンコール局面で池宮さんも再登場。
三人で、Maple Leaf Ragの「ぐるぐるピアノ」。
ステージでということを越え、
池宮さんの純粋にうれしそうな顔を見ていて、
私もうれしくなりました。
この「ぐるぐるピアノ」、やってみたいものですね。
しかし昨日のステージはケーク・ウォーク風の走りも登場、
半分スポーツですね、これは。

ということで、熱いひと時が終わりました。
クールダウンするための二次会場にはなんと「神」も降臨。
そう、楽屋から池宮さんご夫妻がちょっと立ち寄ってくださったのです!
おおいなる感激でしめくくられた一晩でした。

|

« 「ラグタイムとオバマ大統領」を見て | トップページ | 札幌ラグタイムクラブ初参加 »

ピアノ」カテゴリの記事

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ラグタイムとオバマ大統領」を見て | トップページ | 札幌ラグタイムクラブ初参加 »