« 札幌ラグタイムクラブ初参加 | トップページ | 「Devil’s Rag」とは!? »

小樽で「El Choclo」を聞く

Photo 北海道訪問二日目は、小樽へ行きました。
印象的だったのは、何といっても古い建物とオルゴールですよ!

堺町地区から「北のウォール街」とも呼ばれた色内通りまでは、
明治中期~大正期の石造建築や石造倉庫が連なっていました。
近郊の凝灰岩を使っていたり、赤煉瓦造りだったり。
多くが店舗などとして利用されながら、現代に生きていました。
よくぞこれだけ時代の波を乗り越えてきたものだ……。

「小樽オルゴール堂」となっている建物は明治時代の精米会社でした。
1912年建造といえばラグタイム時代ではないですか。
入場料を払うのかと思ったら、さにあらず。
内部はオルゴール商品で満たされ、きらきら輝いていました。
そうか、オルゴール販売店だったのか……!
でもよく見ると、古いオルゴールも多く展示されています。
シリンダー式、円盤式、ストリートオルガン風からラジオまで。

大ホールから見上げると2階は回廊になっていて、西部劇の舞台みたいです。
しかし異国的な空間ながら、すりきれた木造の階段や手すりはなんともなつかしい感じでした。

オルゴール堂には2号館があり、 そちらはアンティーク・ミュージアムでした。
巨大なパイプオルガンがどっしりとあり、
大型のディスク型オルゴールや、からくり人形、
それに自動演奏のグランドピアノも!
これがスタインウェイ・デュオ・アートでした。
定時にデモ演奏があります。ワクワク。

Photo_2 店の人がピアノロールを設置していざ始まったのは、
タンゴの「エル・チョクロ」。
鍵盤がめまぐるしく動きつつ、
左手のタン・タ・タンタというタンゴのリズムが刻まれていきます。
演奏にニュアンスがあって、
自動演奏ながら機械的な感じがしません。
同じ自動演奏ピアノでも、
グランドピアノタイプは、アップライトに比べて、
非常に精巧に演奏者の動きを収録、そのせいでしょう。
その反面、生産年代も短く、レアなものだと思います。

演奏が終わってからピアノロールのリストを見せてもらったら、
なんと、なんと、Felix Ardntの演奏でした。
ピアノロール演奏や作曲では、Gershwinの先輩にあたる人。
Gershwinが、「Rialto Ripples Rag」を作曲した際は、
Felixのアドヴァイスもあったといいます。
小樽に来てこんなレアな演奏を聞けるとは、なんという出会い!
しかも大好きなタンゴですよ!
Felix Arndtの亡霊に出会ったような不思議な気分でした。

小樽オルゴール堂のスタインウェイ・デュオ・アートは1924年製だそうです。
実は以前に、目白のオルゴール博物館で、
やはりスタインウェイ・デュオ・アートの自動演奏を聞きました。
パンフを探したら、1920年代製とあり、脚部が凝った造りでした。

スタインウェイ・デュオ・アートというのは、
スタインウェイ社のピアノに、
デュオ・アート方式の自動演奏の仕掛けを組み込んだものです。
デュオ・アート方式は1913年に開発されましたが、
ペダリング、アクセント、音の強弱が再現され、
またその名称のとおり、伴奏部と旋律部が分かれてコントロールされていて、
それまでのアップライトピアノの自動演奏はもちろん、
他者のグランドピアノ用の装置とも一線を画するものでした。

自動演奏のグランドピアノの歴史は、
レコードの発達であっけなく幕を閉じてしまいますが、
名人の演奏が実物のピアノで再現されるという臨場感は何者にも変えられません。
今でもその価値は失われていないどころか、
デジタル音楽が氾濫する今、 かえって珠玉の魅力を感じられました。

P8020075

|

« 札幌ラグタイムクラブ初参加 | トップページ | 「Devil’s Rag」とは!? »

ピアノ」カテゴリの記事

ラグタイム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 札幌ラグタイムクラブ初参加 | トップページ | 「Devil’s Rag」とは!? »