« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

「Devil’s Rag」とは!?

Dscf0184 今日はすごい演奏を聞きました。
サックスとピアノとパーカッションのコンサート、
「音の飛行機で旅して vol.2」。

第一部の「展覧会の絵」全曲(オリジナル編曲)もすごく面白い演奏でしたが、
第二部の冒頭が、この曲「悪魔のラグ」。
全然未知の作曲者Jean Matitia。
ヨーロッパ人?

始まった演奏は、物凄いスピードで、
息継ぎの暇もないような超絶技巧。
ピアノとサックスの掛け合いで、
ラグタイムのシンコペーションが超スピードで織り成されて行く……。
はあ~。
聞いているほうも、終わるまで息つく暇がないほど。
びっくりしました。

帰ってからネットサーフィン。
Jean Matitiaさん、
サックスとピアノの曲などを作ってる現代作曲家か?
ラグを冠するものは、Crazy Rag、Trap Ragなどの曲があるようです。

そして。
You TubeにJean Matitiaの曲のすごい演奏がありました!

★「Devil's Rag」
http://www.youtube.com/watch?v=CraI0RECh4c

★「Crazy Rag」
http://www.youtube.com/watch?v=OewPtiS9oNw&feature=related

★「Trap Rag」
http://www.youtube.com/watch?v=SSrqOjMp2EI&feature=related

****************************************************************

以上をミクシィ日記にアップしたら、
RagtimeCaveさんがリンクをたどって調べてくれました。

Jean Matitiaは、1952年生まれのフランスの作曲家。
本名はChristian Lauba(クリスチアン・ロバ)。
サックスのための曲をいくつも作っているようです。

管楽器のためのラグは、あまり知らないでいました。
こんな現代曲があるとは、大発見でした。

上のYouTubeから、ノベルティー・ラグのようだという指摘もいただきました。
なるほど言われてみるとその通り。
1920年代に流行ったノベルディー・ラグ、
超スピードの自動演奏ピアノを連想させるような、
でもそれをはるかにしのぐ生演奏でした。

なお「展覧会の絵」の斬新な演奏は、それだけでも感動もの。
大好きなのです、この組曲。
アンコールの「Pine Apple Rag」も心憎い演奏でした。
今度、打楽器を誰かに入れてもらって弾きたいな~なんて野望も……。

自分が今後弾いていく上でも、刺激と感動をもらえたコンサートでした。

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »